医療クリニックでのレーザー脱毛機の種類と特徴

レーザ脱毛機器

クリニックでの医療脱毛を考えている人たちは、クリニックでの料金や痛み、通いやすいか、またどのくらいの期間通う必要があるのか、そんな点に思いがいきがちです。

もちろんそれらの情報は、クリニック選びに必須ことですが、もうひとつそれらに加えて、医療クリニックのレーザー脱毛機の種類のついてのチェックも必要です。

脱毛機の特徴により、その効果や特徴、痛みなどの詳しい情報が得られるからです。そしてどんな脱毛器を導入しているかで、そのクリニックの治療に対する取り組みがわかるのです。
それでこれから4つのレーザー脱毛機の特徴を説明していきます。

ダイオードレーザー

このレーザー脱毛機の特徴は、照射が長方形であり、照射漏れが少ないこと、さらに波長の調整ができることで、細い毛ややや日焼けした肌にも調整しながら照射ができるという点があります。

痛みが出にくいこと、やや敏感肌の人にも対応できる機器であることが特徴で、脱毛の実績は十分です。多くのクリニックで採用されてきたもので、機種はライトシェアシリーズが有名です。

アレキサンドライトレーザー

このタイプの脱毛機は、最も多く利用されており、日本だけにとどまりません。世界中で使用されている定番の脱毛機ともいえます。それだけ効果があり、実績豊富であり、安心できる信頼の機器です。

特徴としては、美容効果があるということです。軽度のくすみを改善します。そしてメラニンに吸収されやすく、弱い出力でも肌に痛みを与えず、毛根を破壊できる点が優れています。

また、冷却ジェルを必要としないために、施術が早いというメリットがあります。ただ黒い色に反応するため、日焼け肌には向いていない点があります。

脱毛機の機種としては、ジェントルレーズのシリーズが有名であり、多くのクリニックに導入されています。

ヤグレーザー

このレーザー脱毛機の特徴は、円形の照射面であり、メラニン色素への反応が少ないゆえに、肌の色が黒い人や、太い毛に対応します。それほど普及はしていないのですが、日焼けなど色黒な人には向いています。

やや痛みが出やすいこと、照射面が円形であるために、照射漏れするかもしれないなど、やや気がかりな部分もありますが、上記のような特徴を持つ人には検討してみることができるかもしれません。

蓄熱式レーザー

最近ネットなどでも見る機会が増えてきたのが、この蓄熱式レーザー脱毛で、新しい技術、新たなアプローチによる脱毛で注目度が高いです。

特徴は、低温により痛みがほとんど出ない事、そして照射するターゲットが毛根ではなく、バジル領域と呼ばれる、毛根よりも表面の部分の浅いエリアへの照射をするということです。バジル領域に照射することで、毛が生えるという指令を遮断するスタイルでの脱毛方法で画期的です。

とはいえ、まだ比較的最近導入されたものであること、症例が少ないという点で経過を見る必要もあるかもしれません。低温での照射のために、日焼けした肌にも照射できるというメリットもあります。

【まとめ】医療クリニックでのレーザー脱毛機

このようにクリニックでの医療脱毛機には様々な特徴と種類があります。自分の体質や特徴に合った機械を導入しているクリニックを選ぶことができるでしょう。

またクリニックによっては、複数のタイプのレーザー脱毛機を導入しているところがあり、そうしたところでは治療の選択が広がることになります。いずれにしても、料金や立地だけでクリニックを選ぶのではなく、治療そのものに目を向けて、ベストな選択ができるようにしたいものです。

クリニックのホームページや口コミ、実際の体験談などを参考にすることができるかもしれません。脱毛と美容のために取り組んでいきたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ