今注目の介護脱毛について知っておきたいポイント

介護脱毛

人生100年も目前に迫った現在、介護脱毛に興味を持つ女性が急増している模様。どんなに健康な方であっても、いずれは介護される側に立つはず。

将来介護されることを考えると、まだ30代、40代のうちからアンダーヘアのことが気になるのは当然のことといえるでしょう。

ここで考えておきたいのが介護脱毛。エチケットの一環として、白髪になる前にVIO脱毛を受けるメリットや必要性などについて詳しくみていきましょう。

 

介護脱毛を行うタイミング

介護脱毛とは将来的に介護される立場になることを想定して、エステやクリニックでアンダーヘアの脱毛をしておくことを指します。

エステやクリニックでの脱毛は、毛のメラニン色素にアプローチすることで効果を出しますので、白髪になってしまったらもう間に合いません。

介護脱毛はアンダーヘアに白髪が増えるシニア世代になる前に早めに行うことがポイント。

アンダーヘアの白髪が混じる時期に関しては個人差があるので、介護脱毛を考えている方は行う時期をしっかり見極めることが大切です。

 

介護脱毛を行うメリットとは?

介護される立場になったときに恥ずかしい思いをしたくない、との思いから、介護脱毛を行う方が多いようですが、介護脱毛を行うメリットはこれだけではありません。

介護時にアンダーヘアを処理していないと,さまざまなトラブルや問題が生じるおそれがあります。

 

デリケートゾーンを清潔に保つ

まず第一に挙げられるのが、デリケートゾーンの衛生的に保ってくれること。年を取ると免疫力も弱まるため、下着によって常に圧迫されているデリケートゾーンは、雑菌が繁殖しやすい状態にあります。
デリケートゾーンに長いアンダーヘアがたくさんあると、そのリスクはさらに増大。汚れや垢もたまりやすくなり、嫌な匂いが発生するおそれも。
介護脱毛を行っておくと、デリケートゾーンを清潔に保つことが可能になります。

 

介護者の負担を軽減できる

おむつ着用になり、トイレ介助の必要が生じた場合でも、ミドルシニアのうちに介護脱毛を行っていると、介護してくれる方の負担を軽減できます。
要介護の方のデリケートゾーンに長いアンダーヘアがたくさんあると、排泄物が付着しやすく、きれいにふき取ることが難しくしなります。
またトイレ後の清拭の際、陰部をこすりすぎると、さらなるトラブルが。こすりすぎたことにより、雑菌が入り込みやすくなり、皮膚感染症にかかるリスクが増大します。
アンダーヘアを脱毛しておくと、排泄後の清拭が楽になり、介護者の負担が軽減されす。
介護施設ではなく自宅で介護を受ける場合、介護をしてくれるのは実の娘やお嫁さんになりますが、この場合でも前もってVIO脱毛をしておくと、家族の負担を大きく軽減できます。

 

介護される立場になったときのエチケットとして

介護される立場になったとき、VIOにもじゃもじゃとアンダーヘアがあると、恥ずかしい思いをします。
介護脱毛を受けておくと、排泄介護の必要が出たときにも、恥ずかしい思いをせずにすみます。
介護者と介護を受ける方の双方が不快な思いをしないよう、エチケットとして介護脱毛を受ける女性が増えています。

 

3. 介護脱毛のエステ・クリニックを選ぶ際のポイント

介護脱毛を受ける方が増加している現在、エステサロンや医療クリニックの中にも、介護脱毛の分野に積極的に取り組むところが増えており、それにつれて介護脱毛専用コースもどんどん増えています。
介護脱毛を受けようと思ったら、まずは介護脱毛コースがあるエステ・クリニックをチェックしてみましょう。

通常エステやクリニックでの脱毛というと、20代や30代前半の女性が中心ですが、介護脱毛を受ける方は30代後半から40、50代の方が中心。
若い女性でいっぱいのエステに通うことに気後れを感じる方もいるようです。
介護脱毛専用コースを設けているエステやクリニックなら、同世代のミドルシニアの方も大勢通っているはずですので、違和感や戸惑いを感じることなく、安心してVIO脱毛を受けられるでしょう。

昨今なにかと話題にのぼっている介護脱毛について知っておきたいことを挙げてみました。
今現在は実母やお姑さんを介護されている方も、いずれはご自分も介護される立場になるはず。
介護されるときになって、もっと早く介護脱毛を受けておけばよかった、と後悔しないよう、早めに介護脱毛について考えてみましょう。

名古屋で介護脱毛を始めるならこちら⇒ 永久脱毛名古屋おすすめランキング | 名古屋で人気の医療脱毛クリニックを比較

サブコンテンツ

このページの先頭へ