蓄熱式脱毛とは?痛みがないって本当?

蓄熱式脱毛機

蓄熱式脱毛はダイオードレーザーを利用した脱毛方式の一つです。
痛みが少ないのが特徴で、従来のレーザー脱毛のように毛根の奥を破壊するのではなく、毛根に栄養を送る細胞をじっくりあたためて破壊する仕組みになっています。

毛根の奥までレーザーを届けるわけではないため肌への負担も少なく、皮膚が黒くてレーザー照射が難しかった部分でも脱毛できるというメリットがあります。

ただし、まったく痛みがなくなるわけではないため、認識がずれないように注意する必要があります。

蓄熱式の脱毛はレーザー脱毛の一種

蓄熱式脱毛はレーザー脱毛の一種になります。肌をじっくり温めることで熱に弱いバルジ領域を破壊します。

バルジ領域は毛根細胞に栄養を送る組織であるため、蓄熱式脱毛を行うことでムダ毛が成長しなくなるのです。

従来のレーザー脱毛は毛根細胞自体を破壊するため痛みが生じやすく、皮膚にも負担をかけるという弱点がありました。

蓄熱式脱毛はレーザー照射の仕組みを見直し、破壊する部分を限定することでデメリットを少なくした脱毛方になっているのです。

勘違いされやすいのがサーミコン(熱線)方式との混同です。サーミコン方式はワイヤーなどを熱で温め、ムダ下を処理する仕組みです。

仕組み上毛根細胞を壊すことが出来ず、またムダ毛が生えてくることになります。

蓄熱式脱毛の場合はバル時領域を破壊することでムダ毛が生えない状態を作ることが出来るため、根本的な仕組みに違いがあるのです。

痛みが全くなくなるわけではないことに注意

蓄熱式脱毛は痛みが少ないのが特徴です。従来型のレーザー脱毛はショット式(単発式)と呼ばれています。

ムダ下の色素に反応するレーザーを発射して毛根細胞を破壊し、ムダ毛が生えない状態を作れるのが特徴です。

一方で毛根細胞の奥までダメージが及ぶため、脱毛は痛いというイメージがつく理由にもなっています。

蓄熱式脱毛はショット式脱毛よりも痛みが少ないのが魅力ですが、痛みはゼロにならないため注意が必要です。

仕組み的には低出力のレーザーを連続的に発射して気に熱を蓄えてムダ毛を処理するため、やはり熱による痛みは発生するのです。

しかし、皮膚のごく浅い部分の細胞を破壊すればいいため比較的痛みは軽くなります。

また、最新の蓄熱式の脱毛機は痛みを緩和するための仕組みが組み込まれていることが多く、大きな魅力にもなっています。

蓄熱式脱毛のデメリットはあるのか?

蓄熱式脱毛にもデメリットは存在します。これはバルジ細胞を破壊しきるまで定期的に脱毛に通う必要があることです。

ショット式でも永久脱毛を目指すのであれば定期的に通う必要がありますが、より短いサイクルで通わなければならないケースがあるのです。

永久脱毛が出来ないわけではなく、こまめなサイクルで通い続ければ永久脱毛を目指せます。

ただし、どうしても通う回数が増えてしまうことや、体質的に脱毛がなかなか進まないこともあるため、差し引きで考える必要もあります。

蓄熱式脱毛にせよ、ショット式脱毛にせよ、短期間で100%永久脱毛状態が作れるわけではありません。

そのため、痛みの敏感さや通える頻度、脱毛コースの料金の比較などバランスを見ながら選択することが大切になるのです。

脱毛クリニックによっては両方の切り替えが出来る脱毛機器を導入し、部分によって切り替えるケースもあります。

蓄熱式脱毛はメリットが多いが完璧なわけではない

蓄熱式脱毛はメリットが多く、痛みが少なく肌への負担も少ないのが魅力です。従来型のレーザー脱毛では処理が難しい部分にも照射が可能で、脱毛の範囲もひろげてくれます。

ただし、痛みが全くなくなるわけではなく、すぐに永久脱毛になることもありません。

つるつるの肌を目指す場合は脱毛クリニックでカウンセリングを受けた上で、選択できる場合は選択肢として入れるのが基本になっているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ